FXにはたくさんのメリットがあります。まず、FXは少ない元手で取引をすることができます。これはレバレッジと呼ばれる制度があるからであり、レバレッジ25倍の場合、4万円あればドル円であれば1万通貨くらいは取引をすることができるようになるわけです。またメリットの一つとしてあるのはいつでも取引ができるということです。株式市場であれば市場が空いている時間というのがあるわけですが為替取引の市場というのはそれこそ24時間取引が出来るわけです。そして毎日二国間の金利差が発生するということになりますので金利の安い通貨を売って、金利の高い通貨を買うということによって金利差を手に入れることが毎日できるようになりません。これがスワップ金利と呼ばれるものになります。まだもう一つとして株式と違ってまったくのゼロになるということがほとんどないということです。倒産という概念があるようなものではないです。
もちろん、通貨価値が極めて低くなるというようなこともあったりはするのですが、それまでに至るのにそれなりに段階を踏むということにはなるわけでいきなりその国の通貨が全く価値がなくなるということはなかったりするので、そんなに心配することではないです。
インサイダー情報というのが基本的にはないと言われているのですが実際問題として政府はどのように動く、為替政策をするといった情報があればそれはインサイダー情報と言えるわけですからよく言われているFXではインサイダー情報がないというようなことは正しいことではないでしょう。
昔は例えば株式と違って仕手筋のような存在がない、ということでいきなりひとつの存在がその相場思い出すということはないと言われていたのですがポンドでそういうことをやられた経験がありますから、実際にはファンドなどが大きく仕掛けてくるということがあったりするので実際には為替市場というのも一つの大きな存在によって、かなりの乱高下を見せるということがあるのでその辺りはなかなか個人で注意できるということではないのですが、そういうことがあるというのは知っておきましょう。
また、最近では自動売買ツールなども豊富になってきていますから、これは実に有難いことであります。つまりは、設定さえしっかりとしていれば自動的に利益を生み出してくれるということになります。もちろん、損切などの行為も一定のルールの上でやってくれるから非常に楽ができます。